冷却期間 効果

元彼との復縁を実現させる委員会

元彼との復縁を成功させる為に役立つ情報を発信

ホーム » 冷却期間 » 冷却期間の効果を最大限に高めて最短で復縁!その手順を詳しく解説

冷却期間の効果を最大限に高めて最短で復縁!その手順を詳しく解説


こんにちは、さくらです。

 

元彼と復縁したい!と考えている方が、冷却期間のことで凄く気になるのは、

 

「冷却期間を置くことの効果&どれくらいの期間で復縁できる?」ではないでしょうか。

 

また「冷却期間の効果を最大限にして、できるだけ短期間で復縁したい!」という思いが当然ありますよね。

 

私は彼氏に振られた時は、なるべく早く復縁したいと躍起になっていました。

 

しかし「短期間で復縁したい」という視点だけで動くと失敗していまいます。

 

ということで今回は、復縁成功を繋げる為の効果的な冷却期間の過ごし方を取り上げます。

 

効果的な冷却期間を過ごすことは、復縁の成功はもちろん、短期間で復縁できることにも繋がりますよ。

 

スポンサーリンク

 

冷却期間の必要性とは

元彼と別れた後にまず何をすべきかです。

 

それは、電話やメールLINE等の全てを含め「お相手と一切接触しない期間を置く」ことです。

 

つまり冷却期間を置くこと。

 

別れてすぐに、お相手へアプローチをかけることは基本的に間違った行動なのです。

 

では、なぜそのような期間を置く必要性があるのか?をお伝えしますね。

 

 

別れた直後のお相手には何を伝えても無駄

お相手がこちらを振る時は「とにかく彼女と早く別れたい」との一心。

 

そして実際に、彼女と別れて「自由気ままな生活」を過ごすことでスッキリしています。

 

この心境にあるお相手にいくら復縁を迫っても、完全にシャットアウトです。

 

「何だよ!せっかく自由になれたのに、いつまで俺にすがってんだよ、重い奴だな!!」というように思われるだけ。

 

私も彼氏に振られた際に、自分の気持ちを優先し、彼にすがり続けた結果・・・

 

「これ以上俺に付き纏うようなら着拒否にする!」とどん底に突き落とされた苦い経験があります。。。

 

今もし、別れてから間もないのに復縁を迫っているのなら、私のような事態になる可能性が高いので、直ちにやめることです。

 

 

お相手の負の感情を払拭させる期間

お相手がこちらを振ったのは、交際中の色々な不満などが蓄積した結果。

 

要は嫌われたからです。

 

お相手がこちらに持つ嫌悪感や拒否感などの負の感情は、別れた直後は何をしても薄まることはありません。

 

ではどうすべきかと言えば、ここでも「元彼と一切接触しない冷却期間を作る」ことが効果的なのです。

 

人間は嫌なことがあれば、時間が経てば徐々に記憶から消えていきます。

 

ですので、元彼が持つ負の感情を払拭させる為には、一定の冷却期間を置く必要性があるのです。

 

 

こちらの感情を落ちつかせる

元彼と一切接触しない冷却期間を置くことは、こちらに対しても効果があります。

 

この記事を見ている方はおそらく、お相手に振られてから、ずっとお相手に関することを考えているかと思います。

 

私も振られた時は、彼氏のことが常に頭を支配していて、凄く戸惑いました。

 

この状態は間違いなくお相手への依存度が高い状態であり、そんな状態でお相手に接触することはマイナス以外ありません。

 

お相手に「ウザい」「重い」と思われるのは当然、こちらの依存の見え方によっては「怖い」とまで思われてしまいます。

 

復縁を進めるに当たり、こちらの元彼に対する依存度は極力下げ、お相手と対等な関係になることは必須です。

 

その為にもお相手と一切接触しない冷却期間を置いて、こちらの感情を落ち着かせる必要があるのです。

 

※お相手と対等関係になる重要性については「元彼と上下関係になってしまうと復縁はうまくいかない」で取り上げています。

 

 

冷却期間を置くことの効果

冷却時間を一定の期間置くことで、男性の心理は以下のように変化していきます。

 

時間が経つにつれ、こちらに対する嫌悪感や拒否感が徐々に薄れ、元カノとの交際中の楽しかった思い出だけが残ります。

 

そうすると、別れた直後は負の感情で覆われていた交際の記憶が、いつの間にか美化されるのです。

 

そして元彼のタイプによっては「もうこの時間は戻らない・・・」という喪失感や未練も出てくることも。

 

このような状態になって初めて、こちらからの連絡などをお相手は受け止めることができるのです。

 

ちなみに、私が冷却期間を置いた時の彼氏の心境ですが、次のような変化があったようです。

 

私が別れをすがり続けたときは、私のことが本当に嫌で嫌で仕方なかったとのことです。(泣)

 

でも私が冷却期間に入ってからは、次第にその感情は収まり、最後には私に対する負の感情は無かったようです。

 

このように凄く嫌われたとしても、冷却期間を置くことでフラットの心境に戻せるのが、冷却期間で得ることができる大きな効果となります。

 

 

冷却期間中に接触するとどうなる?

ここまで冷却期間を置くことの重要性をお伝えしましたが、世の復縁希望者さんは、この冷却期間すら我慢できない方が多いのです。

 

理由は、お相手に忘れられる、新しい彼女ができるから待てない、など焦りの気持ちから耐えられなくなる為。

 

その方たちはどうなるかというと、お相手の気持ちはますます離れていきます。

 

具体的には「自分の都合ばっか押し付けてくんなよ!ウザいし、ストーカーチックで本当に滅入る!!」

 

このように思われてしまい、着拒否などの断絶行為をされてしまうリスクが高まるのです。

 

冷却期間中を守らないことは、自分で復縁の可能性を下げ、復縁までの期間を延ばす、というマイナスだらけの行為。

 

しっかりと冷却期間を置きましょう。

 

 

 

冷却期間の目安とは

ここからは、実際にどれくらいの冷却期間を必要とするかをお伝えします。

 

今からお伝えする期間はあくまで目安であり、明確なものは存在しません。

 

理由は、別れ方の状況や冷却期間の過ごし方により、その必要となる期間は大きく変わってくるからです。

 

ですので、大まかなイメージで捉えて頂ければと思います。

 

 

冷却期間のカウントはいつから?

最初に、冷却期間のカウントを始める時期についてお伝えします。

 

必ずしもお相手と別れた時からカウントされる訳ではありません。

 

正しくは、お相手との最後のやりとり(こちらの一方的な連絡も含む)をした時を起点としてカウントを始めてくださいね。

 

たとえば、あなたが「別れてみて初めて〇〇君がいかに私にとって大切な存在だと気づいた。今度はもっと〇〇君のことを大切にするから別れを考え直して」

 

このようなLINEを送ったなら、これに対してお相手の返信があろうがなかろうが、この最後の接触を図った日からカウントしましょう。

 

 

冷却期間が不要なケース

彼氏と別れたからと言って、全てにおいて冷却期間が必要ではなく、むしろ置かない方が良い場合もあります。

 

それは「些細な喧嘩が原因で勢いに任せで別れた」場合です。

 

この場合は、変に期間を置かずに素直に謝罪すれば、すぐに元通りになります。

 

また別れた後も、元彼の方からLINEやメールが来たり、会っている場合は特に冷却期間は不要です。

 

しかし、自分の元彼に対しての依存や感情が大きい等と感じる場合は、冷却期間を置いた方がいいでしょう。

 

 

2ヵ月程度の期間が必要なケース

2ヵ月程度の冷却期間でOKな人はおそらく少ないでしょう。

 

次のようなケースなです。

 

交際中は基本的に大きな喧嘩や倦怠期的なものは無かった。

 

別れも素直に受け入れ、別れたい理由の追及などお相手を責める行為もせずに「今までありがとう」等と言って奇麗なお別れをした。

 

このような別れ際であれば、お相手の彼女に持っていた嫌悪感などは薄まりますし、奇麗な別れ過ぎて逆に軽い喪失感が出てきます。

 

このような状況であれば2ヵ月程度の冷却期間でも大丈夫です。

 

 

3ヵ月以上の期間が必要なケース

おそらく多くの方が3カ月以上の冷却期間が必要になると思います。

 

交際中は時々こちらがきっかけの大きな喧嘩があり、相手との関係がギクシャクしたことがあった。

 

そして別れ際は、別れを告げたお相手のことを責めたり、別れたい理由を問い詰めたり、または大泣きなどして別れを拒んだ。

 

私を含め、これらは多くの女性がしてしまいがちな言動です。

 

このようなケースは、お相手はこちらに対して、それ相応の嫌悪感や拒否感などの負の感情を持っています。

 

少なくても3カ月以上は冷却期間を置いた方がいいでしょう。

 

ちなみに私は彼に別れを告げられた際は、かなり別れを拒んだので約3ヵ月以上の冷却期間を置きました。

 

 

半年以上の期間が必要なケース

半年以上の冷却期間が必要な場合は、交際中はこちらがきっかけの喧嘩がよくあり、ギクシャクすることも多々あった。

 

また別れ際が次のようなひどいものであった。

 

  • 別れを告げられた事で感情的になり彼を叩いた
  • 「別れるくらいなら死んでやる」等と言った
  • 別れを考えすことを執拗に求めた
  • 別れた後ストーカー的な行為をした

 

このような経緯を踏まえて振られた場合、お相手のこちらに対しての負の感情は非常に大きなものです。

 

そう簡単に薄らぐことはありません。

 

ですので、少なくても半年以上の冷却期間が必要でしょう。

 

 

 

効果がある冷却期間の過ごし方

冷却期間は、単に3ヵ月や半年などの期間が過ぎるのを待っていればOK、という訳ではありません。

 

単に時間を置くことで復縁できるなら、みんな復縁できていますよね。

 

冷却期間はあくまでお互いの感情をリセットするのが目的で、それ以上でもそれ以下でもありません。

 

あくまで復縁成功への要素の1つにしか過ぎないのです。

 

本当に大事なのは、今からお伝えする「自分という女性を変える作業」です。

 

具体的には、人間的に大きく成長し、魅力的な女性に生まれ変わることです。

 

その為にすることは次の2つです。

 

  • 別れの原因の改善
  • 自分磨きの徹底

 

 

別れの原因の改善

この先、愛するお相手に、もう二度と嫌な思いをさせない自分を作ることが、絶対使命となります。

 

繰り返しますが、お相手は急にこちらのことが嫌になって別れたのではなく、交際中のこちらに対する不満などが蓄積した結果です。

 

ですので、そこを改善しない限り、元カノと再び付き合いたいと思えないのです。

 

仮に、何らかのきっかけで復縁できたとしても、お相手が不満と感じている部分がそのままなので、再び別れる可能性が高いです。

 

目的は復縁すること”だけ”ではないですよね?

 

復縁後もずっと一緒にいることですよね?

 

であれば別れの原因の改善、つまりこちら側にある問題の解決は絶対です。

 

私が復縁活動を始めた頃、別れの原因を深く追及しようとせず、復縁に関する表面的なテクニックや占いばかりに頼っていました。

 

ですので、自分の根本的な問題点が改善できていなかった為、なかなか復縁は進展せず、とても辛くもどかしい思いをしました。

 

私はあなたに、そのような思いをしてほしくありません。

 

ですので、復縁する為には別れの原因を改善することが、何よりも大事だということをご理解してくださいね。

 

ただし別れの原因はそう簡単には分かりません。

 

分かれの原因を見つける方法などについては「復縁成功への鍵、別れの本当の原因を知る最良の方法とは?」で取り上げています。

 

 

自分磨きの徹底

お相手に別れた元カノのことを、再び興味を持ってもらう為には、交際中とは違った一面を見せることが必要です。

 

その為には、あなたという女性の魅力を上げる為の「自分磨き」を徹底する必要があります。

 

自分磨きをして、お相手が知らない新しい魅力を一杯備えることができれば、お相手はその魅力を見てみたい、触れてみたいと思います。

 

そして元カノと再び連絡をしたい、会いたいと思うようになるのです。

 

ですので自分磨きを徹底が必要。

 

自分磨きの例としては、

 

  • スキンケア
  • ファッションの勉強
  • ダイエット
  • 資格取得
  • 優しく親切な対応を心がける
  • 読書で世界を広める
  • ランニングや水泳・・・などなど

 

私も内面と外見面をバランスよく取り組みましたが、最も効果的で成果が出やすかったのは「ダイエット」でした。

 

自分磨きでダイエットに興味がある方は「復縁に効くダイエット法をお教えします」をご覧ください。

 

自分磨きで一番に取り組んで頂きたいのが、先ほどお伝えした「別れの原因」つまり、こちら側にある問題点の改善に関することです。

 

まずはこの点を最優先にしつつ、上記のような自分磨きを同時進行で取り組むようにしましょう。

 

 

 

復縁までの期間を短くするのは自分次第

これまで冷却期間や、その期間中にやるべきことについてお伝えしました。

 

それを踏まえると、お相手と復縁する為に必要な期間は「冷却期間+α」となります。

 

「+α」にあたる部分とは、冷却期間が終わった後、まずは元彼にメールなどで再接触を図る。

 

そして徐々に関係性を再構築させ、実際に二人で会ってさらに距離を縮めて、ゴールである復縁の合意までにかかる期間です。

 

この期間が、短くなるか、長くなるかは、元彼側による要因もありますが、

 

基本的には自分次第です。

 

冷却期間中に、別れの原因となったこちら側にある問題をしっかりと改善させる。

 

そして新たな魅力を備える為の自分磨きを徹底したなら、お相手は間違いなく、そんな元カノに再び惹かれます

 

結果、二人の距離は自ずと早く縮まるので「+α」の期間は短くなります

 

反対に、別れの原因を追究せず、失敗の理由と過去を振り返ろうとしない。

 

新しい魅力を身につけようとせず、復縁テクニックや占いに頼っているなら「+α」は無期限になってしまうのです。

 

 

別れた当時と同じ自分ではダメ

別れの原因の改善ができ、自分磨きで新たな魅力を備えた時、本当の意味で冷却期間が終わったと言えます。

 

つまり、この2つのことを徹底させてこそ、冷却期間の本来の効果を得ることができるのです。

 

このことを理解せずに、表面的な冷却期間を過ごせば、もうお分かりだと思いますが、二人の距離を縮めることは困難ですよね。

 

復縁を焦らないでください。

 

別れた時と同じ自分では、お相手を振り向かすことは到底無理です。

 

「元彼に新しい彼女ができてしまう・・・」

 

「早く接触しないと私のことを忘れられてしまう。」

 

だから連絡をしてみる。

 

こんな風に自分の都合を優先すれば、間違いなく復縁までの期間は長引きます。

 

自分をしっかり成長させ、魅力的な女性に変わることこそが、お相手との期間を短くする最善の方法です。

 

 

 

まとめ

今回は、復縁成功を繋げる為の効果的な冷却期間の過ごし方を取り上げていました。

 

元彼との復縁を成功できるか、復縁までの期間を短くできるか否かは、基本的に自分次第です。

 

成功&復縁までの期間を短くしたいのなら、別れの原因(こちら側にある問題)をきっちり改善させること。

 

そして新たな魅力を身につける自分磨きを徹底することです。

 

冷却期間中は、この2つのことにしっかり集中して取り組みましょうね。

 

応援しています。

 

長文になりましたが、最後までご覧頂きありがとうございました!

 

さくらがお伝えしました。(私も復縁経験者です。復縁した経緯などのプロフィールはこちらから

 

 

 

関連記事


私さくらの「別れの本当の原因」が何だったかをお伝えしています。

 

復縁の成功させる為には絶対外せない2つの真実をお教えします

 

 

 

どうやって、彼氏に“心底”嫌われた私が復縁を成功させ、その後プロポーズを受ける事が出来たのか

あなたは彼との復縁を目指している、または復縁を考えているが

 

  • 別れの原因が分からない
  • 何をしてもうまくいかない
  • 彼に新しい彼女がいる為、彼に近づけない
  • 彼から連絡を拒否されている
  • 成功できるイメージを持てない

 

このような悩みをお持ちでなはいでしょうか?

 

私も彼氏との復縁に向けて行動するも、全てうまくいかず、復縁をあきらめかけていました。

 

しかし、ある復縁法を知ったきっかけで、大好きな彼氏と復縁することができました。

 

もし、あなたが彼氏との復縁に行き詰っているなら、私が行った復縁法や経験などは、きっとお役に立てると思います。

 

詳しくは下のボタンをクリックしてご覧ください↓。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
私さくらのプロフィール

初めまして
さくらです。

 

別れた彼氏に着信拒否宣言されるくらいに嫌われましたが、復縁をすることが出来ました。

 

「復縁したいけど私の場合は難しいかも・・・」と思っている方へ

 

とことん彼氏に嫌われた私でも復縁できるですから、きちんと正しい情報の元に諦めずに行動をすれば十分に可能性はありますよ。

 

復縁したいと思えるほどのお相手とは、人生でそう出会えることはありません。

 

そんなお相手と復縁できたときは本当に幸せです。

 

この最高の幸せをあなたにも実感してほしいです。

 

私がどれだけ悲惨な状況から復縁することができたのか等、私のことをもっとを知りたい方は下記から読んでくださいね。

 

さくらのプロフィール

復縁の成功法をギュッ!と凝縮した厳選記事
カテゴリー
最新記事
ブログ内検索