元彼 嫌われた

元彼との復縁を実現させる委員会

元彼との復縁を成功させる為に役立つ情報を発信

ホーム » 冷却期間 » 元彼に嫌われた状態から君と復縁したいを言わせる為の超実践的方法

元彼に嫌われた状態から君と復縁したいを言わせる為の超実践的方法


交際していたお相手から

 

「もう二度と会いたくないし、関わりたくないもない!」「これ以上、連絡は絶対にしてくるな!」などと言われ、振られてしまった・・・

 

またはこの様な言葉を言われなくても、メールを送っても全て無視され、LINEやTwitter、インスタなどのSNSも全てブロックされた。

 

この様なことが起これば、お相手にひどく嫌われたと思い「もう元彼とはお終いだ・・・」とショックを受けますよね。

 

でも大丈夫です。

 

元彼にひどく嫌われても、その後に適切な行動をすれば、その状況を脱し、復縁へと繋げることは十分可能ですよ。

 

ということで、今回は元彼に嫌われた場合の対処法などを、当時の私の経験も交えてお伝えします。

 

元彼に嫌われた理由とは?

まずは元彼に嫌われる原因となる、よくある理由をお伝えします。

 

これをご覧頂いている方の中には、なぜ元彼に嫌われたかが分からない人もいるかもしれません。

 

であれば、おそらく以下のパターンのいずれかに入っているではないでしょうか。

 

まずは自分が嫌われた理由をしっかりと確認しましょう。

 

 

嫌われた理由が別れとなった原因の全てではない

その前に知っておいてほしいことがあります。

 

元彼が別れを決意した理由と、あなたが嫌われた理由は必ずしも一致はしません。

 

別れは大きな事から小さな事など、様々なことが積み重なった結果です。

 

元彼に嫌われた理由が、別れの原因の一部である可能性は当然ありますが、それが全てではありません。

 

つまり元彼に嫌われたという理由だけを見直すだけではダメなのです。

 

別れの原因は別れの原因でしっかり全容を追究し、改善する必要があることを理解しておきましょう。

 

では元彼に嫌われた代表的な理由をお伝えします。

 

 

別れを断固拒否し続けた

元彼が別れを告げた後もずっと別れを拒否し続けた。

 

「別れを考え直してほしい」

「あなたを失いたくない。別れるなんてできない」

「私の悪いところは全部直すから別れないで」

 

元彼がどれだけ考えを変えるのは無理だと諭しても、この様なことを電話やLINEなどで何度も何度も何度も伝え、別れを拒否を続ける。

 

全く聞き分けの無い彼女に対して、強い拒否感や嫌悪感を抱いてしまった結果、

 

強い口調で突き放したり、着信拒否など強制的に元カノの連絡を遮断する。

 

男性が別れを決意した以上、どれだけ縋っても考えが変わることは基本ありません。

 

 

別れた後も彼女気分で接した

別れた後もお相手とコンタクトが取れる関係の方もいます。

 

そして元彼が優しい、または元カノからの連絡を避けないタイプであることに甘えて、

 

冗談ぽく「やり直さない?」等と交際中と同じように彼女気分で接し、未練を見せ続けた。

 

その結果、別れて二人の関係が変わったことを、いつまでも理解しない元カノに対して嫌気がさした。

 

別れをきちんと受け止めない態度がお相手を怒らせたのです。

 

 

好き勝手な考え言動

交際中はわがままになっていませんでしたか?

 

気まま好き勝手な考え方や発言、ふるまいが元彼を不快にさせたり、傷つけたりさせることが度々あった。

 

それが限界値を越してしまった為、お相手は彼女に愛想をつかして嫌い、別れを告げるケースは多くあります。

 

我慢を強いられた元彼の元カノに対しての嫌悪感は強いですよ。

 

 

束縛がすぎた

交際中、常に電話やLINEなどで彼に連絡を絶え間なくしたり、スケジュールを尋問の様に聞いたりしませんでしたか?

 

女性はいつも恋人と繋がっていたいと思う傾向が強いですが、度がすぎると元彼はうんざりします。

 

また時には、内緒で携帯をチェックしたり、ちょっとしたことで浮気を疑ったり、嫉妬心をぶつけてくる。

 

この様に束縛が過ぎたことで、彼は強い嫌悪感と恐怖感を覚え、突き離したのです。

 

男性は自由が欲しい傾向が強いですので、度の過ぎた束縛をすると嫌われるのも当然です。

 

 

私が彼氏に嫌われた理由

私が当時彼氏に振られたのは様々なことが原因にありましたが、別れを加速させた行為があります。

 

つまり彼氏に嫌われた行為です。

 

それは彼氏が仕事で多忙を極めた時に、私は彼氏に会えない、会話ができない、触れられない辛さゆえに、かなり構ってchanになっていたのです。

 

本来なら、彼氏の仕事が落ち着くまで、彼氏が何かを求めてこない限り、そっと見守るべきでした。

 

ところが私は「どんなに忙しくても連絡ひとつくらいできるじゃん!?それが恋人でしょう」みたいな暴言を吐いていたのです。

 

挙句、彼氏から「しばらく距離を置きたい」と言われた時でさえ、無理やり彼氏に会おうとしました。

 

この行為が彼氏に嫌われ、別れを加速させたです。。。

 

しょっぱいなー・・・私(笑)

 

 

 

元彼に嫌われても復縁は十分可能です

決意を固める女性

「元彼に嫌われてしまった以上、復縁は難しいだろうな・・・」とネガティブに思ってしまうのは無理ありません。

 

実際に私も彼氏に嫌われて振られた時は、絶望感で一杯でした。

 

何せ別れを告げられた後の行動も終わっていたので、彼氏から「着信拒否宣言」を受けるくらい嫌われたのですから。

 

でも私は復縁できました。

 

また私以上に嫌われたケースでも復縁している人は多くいます。

 

つまり、ひどく元彼に嫌われたとしても、適切な段階を踏めば復縁は十分可能であるということですよ。

 

確かに、元彼があなたを嫌いなってしばらく経たない内は、あなたに対しての怒りや嫌悪感は大きいかもしれません。

 

本音で「顔を見たくないし、一切関わりたくない!」と思われているかもしれません。

 

でもその怒りや嫌悪感は、きっちりとした対処をすれば鎮まるので、いつまでも持続することはなく一時の感情で終わります。

 

その対処法とは「元彼への接触の一切をやめる期間を置くこと」です。

 

 

元彼の怒りや嫌悪感が消える理由

あなたが元彼の前から一定期間気配を消すことで、元彼も冷静になります。

 

また人間は嫌な記憶は、自らは思い出そうとしないし、忘れようとする性質があります。

 

ですので、元彼への接触の一切をやめる期間を置くことで、怒りは静まり、あなたを嫌いという感情も払拭されていくのです。

 

この効果を狙った期間のことを「冷却期間」と言います。

 

どれくらいの冷却期間を置くことが必要かは、交際中や別れの時の状況により変わるので一概には言えませんが、標準的な期間としては「3ヵ月間」となります。

 

なお、元彼に嫌われて間もない内にLINEなどで連絡をしてしまえばどうなるでしょうか?

 

元彼はあなたが接触してきたことをきっかけに、嫌な思い出が蘇り、少しずつ鎮まっていた怒りが再度こみ上がってしまいます。

 

ますます嫌いになる結果、復縁の可能性が下がることには間違いありませんよ。

 

嫌われた以上、無理に元彼に近づいても火に油を注ぐようなものですので、絶対にやめましょう。

 

※冷却期間についての詳細は「彼氏と復縁する為に冷却期間がなぜ必要か理由をお教えします」をご覧ください。

 

 

冷却期間後の私の彼氏の心境の変化

私も復縁活動中だった時は、当然ながら冷却期間を置きました。

 

復縁後、そのときの彼氏の心境の変化を聞いてみました。

 

彼氏が私に「着信拒否宣言」した時は、心の底から私をウザイと思い、もう二度と会いたくない、と思うほど嫌ったそうです。(涙)

 

でも私が一切の接触を止めてからは、徐々にその気持ちは静まってきた。

 

そして最終的には私への拒否感や嫌悪感は無かったとのこと。

 

むしろ「あの時は本当にきつかったし、無理だと思ったが、あそこまでSakuraを突き放し、傷つける必要はあったのだろうか?」

 

この様に少し罪悪感みたなものがあり、また逆に私が俺のことを恨んでいるではないか?と思った。

 

だから冷却期間後に私からメールが来た時は、ホッとした気持ちになったし、素直に連絡が来たことが嬉しかったそうです。

 

また、あの時私がしつこく連絡を入れ続けたなら、どうなっていたか?も聞いてみたところ、

 

間違いなくさらに嫌いになると同時に、その執拗さが恐怖にも思えてくる。

 

だから着信拒否は間違いなくしていただろうし、SNSももちろんブロック、携帯番号も変更していただろうとのこと。

 

もし私が冷却期間を置いていなかったなら、間違いなく復縁は叶わなかったでしょう。

 

 

 

真の冷却期間とは何?これです

成功者のなかには冷却期間を置いたことだけで復縁した方もいます。

 

それだけ冷却期間を置くことは復縁の過程としては重要なのです。

 

とは言え、冷却期間を置くだけで復縁できるほど甘いものではありませんよ。

 

確かに元彼の怒りは鎮まり、嫌いという感情は払拭させることは出来ますが、それだけでは元彼は復縁したい気持ちは起こりません。

 

なぜなら、別れた当時のあなたのままだから。

 

ましてや、一度別れた彼女と再度お付き合いするのは、普通ハードルが高いことですよね。

 

元彼とすれば「よりを戻してもまた失敗するのでは?」等と思うからです。

 

ですので、あなたはそのハードルを越えるほどの強い魅力を備えないといけません。

 

その為には自分を成長させることは必須です。

 

 

復縁成功に欠かすことができない2つのこと

復縁を成功させる為に必要な自己成長とは次の2つです。

 

  • 自分磨き
  • 別れの本当の原因の改善

 

自分磨きは言葉からイメージできると思いますが、あなたという人間の魅力を上げること。

 

別れの本当の原因の改善とは、言わば、あなた側にある問題を解決させることです。

 

これらは本当に大事過ぎるので詳細をここでお伝えするとなると、かなり長くなりますので、以下のリンクの記事で確認してください。

 

復縁の可能性を飛躍的に上げる方法は自分磨きを徹底することです

 

別れの原因を追及して初めて、彼氏に振られた本当の理由が分かります

 

この2つを徹底的に取り組むことで、あなたという人間を大きく成長させることができ、魅力的な女性へと変わることができるのです。

 

それが元彼を再びあなたに惹きつける元となります。

 

冷却期間中は単に元彼との接触を避けるだけでは不十分です。

 

しっかりと自分を成長させることが出来てこそ、真の冷却期間と言えます。

 

復縁したいなら、あなたも真の冷却期間を過ごしましょうね!

 

 

 

まとめ

今回は元彼に嫌われた場合の対処法などを取り上げました。

 

元彼に嫌われてしまった場合やはり必要なのは、元彼のあなたに対する負の感情をリセットさせる為の冷却期間を置くことです。

 

元彼に負の感情を強く持たれている限りは、どんな手段を用いてアプローチをかけても逆効果になり、ますます嫌われるだけですよ。

 

また冷却期間中は、単にその期間を過ぎるのを待っているのでは意味がありません。

 

どれだけ自分を成長させることが出来るかで、その後の運命は変わります。

 

真の冷却期間を過ごしましょうね。

 

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。

 

Sakuraがお伝えしました。(私も復縁経験者です。復縁した経緯などのプロフィールはこちらから

 

 

 

どうやって、彼氏に“心底”嫌われた私が復縁を成功させ、その後プロポーズを受ける事が出来たのか

あなたは彼との復縁を目指している、または復縁を考えているが

 

  • 別れの原因が分からない
  • 何をしてもうまくいかない
  • 彼に新しい彼女がいる為、彼に近づけない
  • 彼から連絡を拒否されている
  • 成功できるイメージを持てない

 

このような悩みをお持ちでなはいでしょうか?

 

私も彼氏との復縁に向けて行動するも、全てうまくいかず、復縁をあきらめかけていました。

 

しかし、ある復縁法を知ったきっかけで、大好きな彼氏と復縁することができました。

 

もし、あなたが彼氏との復縁に行き詰っているなら、私が行った復縁法や経験などは、きっとお役に立てると思います。

 

詳しくは下のボタンをクリックしてご覧ください↓。

 

 

 

 

スポンサーリンク

↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
私Sakuraのプロフィール

初めまして
Sakuraです。

 

別れた彼氏に着信拒否宣言されるくらいに嫌われましたが、復縁をすることが出来ました。

 

「復縁したいけど私の場合は難しいかも・・・」と思っている方へ

 

とことん彼氏に嫌われた私でも復縁出来るですから、きちんと正しい情報の元に諦めずに行動をすれば十分可能性はありますよ。

 

復縁したいと思えるほどのお相手とは、人生でそう出会えることはありません。

 

そんなお相手と復縁出来たときは本当に幸せです。

 

この最高の幸せをあなたにも実感してほしいです。

 

私がどれだけ悲惨な状況から復縁することが出来たのか等、私のことをもっとを知りたい方は下記から読んでくださいね。

 

Sakuraのプロフィール

しょっぱすぎる!私が失恋時にやらかした大失態とは?
元彼と復縁を成功させたいなら必ず押さえるべき11記事
カテゴリー
最新記事
ブログ内検索