復縁 連絡しない

元彼との復縁を実現させる委員会

元彼との復縁を成功させる為に役立つ情報を発信

ホーム » 冷却期間 » なぜ、復縁する為には元彼に連絡しない期間が必要なのか

なぜ、復縁する為には元彼に連絡しない期間が必要なのか


元彼と復縁を目指すなら、別れてから一切連絡をしない期間を作る必要があります。

 

別れてすぐに元彼にアプローチをかけても、うまくいくことはありませんよ。

 

うまくいかないどころか、元彼にひどく嫌われて着信拒否等をされてしまう恐れも十分あります。

 

復縁を焦るあまり、元彼に連絡したくなる気持ちはよく分かりますが、それは復縁への正しいステップではありません。

 

ここでは復縁する為には、なぜ連絡をしない期間が必要なのかを詳しく取りあげます。

 

連絡しない期間を作る重要性を知って頂けたらと思います。

 

 

 

連絡しない期間を置くことの効果

そもそもですが、なぜお相手はあなたと別れを選んだと思いますか?

 

基本的には、交際中のあなたの言動に対して、不満やズレなどを感じ始め、それが蓄積して我慢の限界を超え、

 

最終的には、もう好きじゃない、一緒に居ても楽しくない、幸せじゃない、と判断しかたからです。

 

そうじゃなければ、今もあなたは交際しているはずです。

 

別れたときは、元彼はあなたに対しての不満や嫌悪感など負の感情がピークに達しています。

 

そんなときに元彼にあなたが連絡したら、客観的に考えて元彼はどう思うでしょうか?

 

決して良いように受け止められることはないですよね。

 

多くは次の様に思われるでしょう。

 

  • 別れたのにまだ何?
  • しつこい
  • うんざりする
  • いいかげんにしてほしい・・・など

 

これじゃマズイですよね。

 

だから別れてしばらくの間は、元彼に一切連絡をしてはいけないのです。

 

「それじゃ、元彼から連絡するまで待てということ?」と思うかもしれませんが、あくまでしばらくの間あなたからの連絡を絶てばいいのです。

 

連絡を一定期間しないことで、あなたに対する不満や嫌悪感などの負の感情は徐々に薄まっていきます。

 

その状態になってから、連絡をすればいいのです。

 

連絡しないことの効果は男性の方が大きい

特に相手が女性よりも男性の方が、時間を置くことの効果は高いのです。

 

なぜなら男性の記憶は「感情ベース」より「事実ベース」の方が強いからです。

 

どういうことかというと、男性が何かを思い返す際には、次の様な事実だけが優先されるのです。

 

  • 場所は何処だったか
  • 何をしたのか
  • どんな人がいたのか

 

その時何を思ったのかという感情は、そこまで出てこないのです。

 

一方女性の場合は、これが反対になり「感情ベース」の方が強く、何かを思い返す際は、その時の感情が優先されるです。

 

たとえば、とある場所に遊びに行ったとき、その場所で彼氏と喧嘩したなら、その喧嘩した記憶が一番に蘇えるのです。

 

ですので、お相手が「事実ベース」の男性の方が時間を置くことの効果は高いのです。

 

加えて、人間はもともと嫌な記憶は忘れるようになっているのですが、これも男性の方が女性より強い傾向があります。

 

元彼に一定期間連絡をしない目的のひとつは、これらの男性の特性を利用して、元彼のなかにある嫌悪感を払拭させることです。

 

とはいえ、男性は女性と比べ「感情ベース」が弱いだけで、もちろん一定期間はあなたに対しての負の感情を強く持っています。

 

ですので、連絡しない期間を少し置けばOKというものではありませんのでご注意を。

 

どれくらいの期間を置くべきかは後でお伝えしますね。

 

 

あなたの感情もお休みさせる

人は振られると、どうしても振られた相手に依存します。

 

あなたも多かれ少なかれ、次の様な状態ではありませんか。

 

  • ずっと彼氏のことを考えてしまう
  • 悲しくて心が苦しい
  • 会いたくて会いたくて仕方がない
  • この先彼がいないことが不安・・・などなど

 

お相手のことが常に頭を支配している状態に、あなた自身も困惑しているかもしれません。

 

しかし、そんな依存度が凄く高いあなたから、連絡される元彼の方がもっと困惑することは間違いありません。

 

しつこいや重いと思わるのは間違いなく、場合によっては、執拗な執着が怖いと思われることもあるのです。

 

こんな風に思われない為にも、お相手に対しての依存度が物凄く高いあなたを脱却させないといけません。

 

復縁(恋愛)は対等な関係にならないと成立しない為です。

 

依存度が高いと対等な関係には持ち込めません。

 

かつ復縁の場面においては、希望する側が「復縁をお願いする」というスタンスにどうしてもなりがちで、下手に出がちになります。

 

ですので、復縁したいのなら、元彼に対しての依存度を極力下げ、元彼に見えない状態にしないといけませんよね。

 

ゆえにあなた自身の行き過ぎている元彼に対しての熱量を下げる必要が当然にあるのです。

 

その為には、あなたの感情にお休みを与える、元彼に連絡しない期間を置くことが必須なのです。

 

ここまで、なぜ連絡しない期間が必要なのかをお伝えしましたが、この一切の連絡をしない期間のことを復縁の世界では「冷却期間」と呼びます。

 

※なぜ復縁するには対等関係になる必要があるかについての詳細は「元彼と上下関係になってしまうと復縁はうまくいかない」をご覧ください。

 

 

連絡しない期間を置かないでおくと

連絡しない期間を置かないでおくと、あなたの感情にお休みを与えていないので、どんどん一方的に連絡をしてしまいます。

 

依存状態が激しいあなたから連絡を受け続けることで、元彼はますますあなたのことが嫌いになります。

 

「自分のことしか考えていないのかよ!俺のことなんて一切どうでもいいんだな!!」

 

こんな風に思われ、あなたとの関係を全て絶とうと考えてしまうのです。

 

具体的には着信拒否やメアド変更、ラインのブロックなど、物理的に連絡を取れない状況にされるです。

 

連絡しない期間を置けば、復縁できる可能性はあるのに、この状況になってしまえば絶望的になってしまいますよ。

 

 

 

連絡をしない期間

次に、元彼に連絡をしない期間、つまり冷却期間はどれくらい必要なのかについてお伝えしますね。

 

正直に言って明確な期間はありません。

 

なぜなら、それぞれの別れの状況や、元彼へ連絡をしない期間中の過ごし方等で、その期間は左右するからです。

 

後で詳しくお伝えしますが、特に過ごし方が大きなウェイトを占めます。

 

とはいえ、目安的なものを知りたいと思うでしょうから、それをお伝えしますね。

 

 

特に必要がない場合

別れの際は特に揉めることもなく、別れた後も元彼の方から先にメールやラインが送られてきたり、会っているのであれば、別に連絡しない期間を置かなくても別に構いません。

 

「でも今は私の感情を休ませほうがいいかも」と思うなら、もちろん置いても構いません。

 

ここで重要なのは、自己成長をさせることを何よりも一番にすることを心がけてくださいね。

 

 

冷却期間が1ヵ月以上

1ヵ月程度の期間で大丈夫な方は少ないでしょう。

 

ケース的には次の通りです。

 

  • 交際中は特に揉めることもなかった
  • 別れたい理由を詳しく聞かなかった
  • 別れを拒まなかった
  • 彼を責めることはなかった
  • 軽く涙が出る程度であった

 

交際中に特に揉めることもなく、別れ際も綺麗であれば、お相手のあなたに対しての負のイメージは弱いでしょう。

 

ですので、1ヵ月以上の期間を置けばいいかと思います。

 

 

冷却期間が3ヵ月以上

3ヵ月以上の期間が標準になります。

 

ケース的には次の通りです。

 

  • 交際中はたまにケンカした
  • 別れたい理由を詳しく聞いた
  • 彼氏を責めた
  • 大泣きする等取り乱した

 

この様なケースに当てはまる方は多いでしょう。

 

これらに当てはまる場合は、お相手のあなたに対する負のイメージはそれなりにあります。

 

ですので、3ヵ月以上は期間を置く必要があります。

 

 

冷却期間が半年以上

半年以上の期間が必要になるのは、別れ際や別れた後などが、かなり悪い状況であった場合です。

 

ケース的には次の通りです。

 

  • 交際中はよくケンカした
  • 別れの際は感情的になって彼をビンタした
  • いつまでも別れを拒否した
  • 別れた後も執拗に接触した

 

これらの様な言動を取り、お相手を大いに困らせたなら、あなたに対する負のイメージはかなり強い為、そう簡単に払拭できません。

 

ですので、半年以上の期間を置く必要があります。

 

 

 

連絡しないと元彼に忘れられる!?

元彼に連絡しない期間についてお伝えしました。

 

長い方になると半年以上の期間を置くわけです。

 

そうなると「こんなに期間を置くと忘れられてしまう・・・」と心配になるかもしれません。

 

大丈夫です!

元彼はあなたを忘れません。

 

忘れられるケースもあるのですが、知り合ってから付き合った期間を合わせて、3日しかない等であればあり得ます。

 

二人の関係性が希薄ですから。

 

でも、そういう方は極稀でしょう。

 

実際にお付き合いしたのですから、お相手とはそれ相応の関係性を築いてきたはずですから、忘れられるということはないですよ。

 

よく「男性の元カノに対する記憶は新規保存」と言われますよね。

 

その様な例えをされる程、男性は元カノのことを覚えているものです。

 

実際に今までに「元彼に忘れられてしまった」という事案を聞いたことはありませんから。

 

ですので、要らぬ心配をする必要はありませんよ。

 

そんな心配をするのも「焦っている」「楽になりたい」からです。

 

早く連絡をとって欲望を満たしたいという、自分の弱さや自己の都合を優先させてしまっているのです。

 

※復縁をどうしても焦ってしまう方は「復縁を焦ってばかりでうまくいかない人へのアドバイス」をご覧ください。

 

 

忘れられてしまうと心配するよりも

元彼に連絡しないと「忘れられてしまう」という心配をする前にもっと心配すべきことがあります。

 

それは「別れた当時のあなたのままで、お相手を振り向かすことができますか?」ということです。

 

繰り返しますが、お相手はあなたのことが嫌になったからこそ、別れを選んだのですよね。

 

であれば、忘れられてしまうという理由で、冷却期間を置かずに別れた当時のあなたのままで近づいたとしても、うまくいくはずがないですよね。

 

あなたが冷却期間中やるべきことは「元彼に忘れられてしまう」と焦ることではなくて、自分をしっかりと成長させることです。

 

 

 

冷却期間中にやるべきこと

冷却期間中の3ヵ月~半年以上の間は、元彼に連絡しないことになりますが、その期間中は単に時を過ぎるのを待っているだけでは全然ダメですよ。

 

先ほどもお伝えしましたが、冷却期間中は自分をしっかりと成長させなければなりません。

 

冷却期間を置くことで元彼のあなたに対しての感情や、あなたの元彼に対しての依存はそれなりに改善されるでしょうが、それだけで復縁が成功するほど簡単ではありません。

 

肝心のあなた自身が魅力的な女性に変わらなければ、元彼の心を掴むなんて出来やしないのです。

 

それでは自分をしっかりと成長させる為に、徹底してやるべきことは次の2つです。

 

  • 自分磨き
  • あなた側にある問題の解決

 

それでは個別にお伝えしますね。

 

自分磨き

元彼にもう一度あなたに興味を持ってもらう為には、交際中には無かった新たな魅力を身につける必要があるのです。

 

元彼が知らないあなたの魅力をたくさん身に付けることが出来れば、その魅力に触れてみたいと思います。

 

そうすればあなたと会いたいと思い、お互いの距離をぐっと近づけ、復縁に繋げることが出来るのです。

 

ですので、あなたは新たな魅力を身につける為の自分磨きに励みましょう。

 

自分磨きの例は次の通りです。

 

  • ダイエット
  • メイク
  • ファッション
  • 料理教室
  • 心理学の勉強
  • 読書・・・などなど

 

外見面の自分磨きは効果が出やすいので必ず取り組みましょう。

 

※外見面の自分磨きについての詳細は「外見面の自分磨きはこれが一番効果的です」をご覧ください。

 

また自分磨きに徹底的に取り組むことで、あなたは元彼のことを忘れられる時間が増えます。

 

その結果、あなたの元彼に対しての依存度が下がるので、復縁成功には良い影響があります。

 

何に取り組もうか悩むかもしれませんが、なりたい自分を目指せばいいと思いますよ。

 

 

あなた側にある問題の解決

あなた側にある問題の解決とは「別れの本当の原因」を始めとする、元彼があなたに対して不満を感じているところの改善です。

 

そこをある程度改善させないことには、元彼はあなたの元に戻りたいと思いません。

 

仮に外見面の自分磨きを精一杯努力したことであなたが美しなり、それに元彼が惹かれて復縁したとしても、その魅力はいずれ慣れてしまいます。

 

そうなると、あなたの不満な点に目が行くようになります。

 

結果「やっぱりこの子とは合わない」と思われ、再び別れることになるのです。

 

ですので別れの本当の原因を始めとする、あなた側にある問題の解決は避けては通れないのです。

 

※別れの本当の原因については「復縁を成功させる為には絶対外せない2つの真実をお教えします」をご覧ください。

 

 

 

復縁を成功させている人ほど

冷却期間中は、いわば復縁成功の為にすべきことを行う「準備期間中」です。

 

別れの本当の原因の改善など、やるべき準備が出来ていないのであれば、それは単なる時間の無駄使いに過ぎません。

 

たとえ元彼に連絡しない期間を1年置こうが、内容が無ければ意味が無いのです。

 

この準備期間をしっかりと取り組めるかどうかで、復縁成功への分かれ道となるのです。

 

元彼との復縁を成功させている人ほど、冷却期間の目的は「元彼に連絡しない期間」ではなく、

 

「自分をとことん成長させる期間」だと認識しています。

 

もっと言えば、新たな魅力を身につけ、自分側にある問題をきっちり改善させた時が、冷却期間の終了のタイミングとしているのです。

 

ですので、あなたも復縁をしたいなら、冷却期間中は自己成長させることに全力を尽くしましょうね。

 

自分を成長させることに集中していれば、3ヵ月間なんてあっという間に終わります。

 

「絶対に私は復縁したいと言わせるぐらいにイイ女になるから、私の成長を待っていてね!」というぐらいの勢いで取り組みましょう。

 

きっちりと成果を出して魅力的な女性に変化すれば、復縁成功の可能性が格段に上がりますし、早期の復縁実現にも繋がりますよ。

 

 

 

まとめ

今回は元彼に復縁する為には、なぜ連絡をしない期間が必要なのかを取り上げました。

 

冷却期間中は単に時を過ぎるのを待つのではなく、しっかりと自己成長させることに集中させましょう。

 

復縁する為にやるべきことをきっちり準備ができた時こそ、冷却期間の終了のタイミングですよ。

 

このことを忘れないでくださいね。

 

応援しています。

 

長くなりましたが、最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

------------------------------------------

 

私はかなり絶望と思われた状況から、彼氏と復縁することが出来ました。

 

間違えなく私はカワイイとか美人なタイプでもなく、これといった特技もありません。

 

別れ方は酷かったし、その後の展開も更に最悪で、どうしていいか分からずに本当に途方に暮れていました。

 

一時期は無駄と分かっていながら、復縁占いに大金をつぎ込む状態にまでになりました。(実際に何ひとつ変わらず本~当に無駄でした 笑)

 

そんな私でも復縁を実現させ、その彼氏とは婚約しています。

 

復縁出来るかどうかは、復縁の進め方がとても重要です。

 

振られる前から復縁成功に至る経緯などを、私の自己紹介と共に下のリンクの記事でお伝えしていますので、興味ある方はご覧くださいね。

 

復縁成功させるのに大切なことは?

 

 

 

 

どうやって、彼氏に“心底”嫌われた私が復縁を成功させ、その後プロポーズを受ける事が出来たのか

あなたは彼との復縁を目指している、または復縁を考えているが

 

  • 別れの原因が分からない
  • 何をしてもうまくいかない
  • 彼に新しい彼女がいる為、彼に近づけない
  • 彼から連絡を拒否されている
  • 成功できるイメージを持てない

 

このような悩みをお持ちでなはいでしょうか?

 

私も彼氏との復縁に向けて行動するも、全てうまくいかず、復縁をあきらめかけていました。

 

しかし、ある復縁法を知ったきっかけで、大好きな彼氏と復縁することができました。

 

もし、あなたが彼氏との復縁に行き詰っているなら、私が行った復縁法や経験などは、きっとお役に立てると思います。

 

詳しくは下のボタンをクリックしてご覧ください↓。

 

↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
私Sakuraのプロフィール

初めまして
Sakuraです。

 

別れた彼氏に着信拒否宣言されるくらいに嫌われましたが、復縁をすることが出来ました。

 

「復縁したいけど私の場合は難しいかも・・・」と思っている方へ

 

とことん彼氏に嫌われた私でも復縁出来るですから、きちんと正しい情報の元に諦めずに行動をすれば十分可能性はありますよ。

 

復縁したいと思えるほどのお相手とは、人生でそう出会えることはありません。

 

そんなお相手と復縁出来たときは本当に幸せです。

 

この最高の幸せをあなたにも実感してほしいです。

 

私がどれだけ悲惨な状況から復縁することが出来たのか等、私のことをもっとを知りたい方は下記から読んでくださいね。

 

Sakuraのプロフィール

しょっぱすぎる!私が失恋時にやらかした大失態とは?
元彼と復縁を成功させたいなら必ず押さえるべき11記事
カテゴリー
最新記事
ブログ内検索