別れ話 復縁

元彼との復縁を実現させる委員会

元彼との復縁を成功させる為に役立つ情報を発信

ホーム » 復縁の基本 » 別れ話されたなら、復縁に向けてやるべき3つのこと

別れ話されたなら、復縁に向けてやるべき3つのこと


大好きな彼氏から別れ話をされてしまった。

 

または、そろそろ別れ話を告げられる予感がする。

 

そんな時、彼氏を諦められないあなたが、彼氏の離れた心を取り戻すにはどう行動すべきでしょうか?

 

ということで今回は、彼氏から別れ話をされた後、その相手と復縁する為にやるべきことを取り上げます。

 

これをご覧頂ければ、別れた後にしてはいけないNG行動や、復縁に向けての正しいステップを知ることができますよ。

 

 

別れ話が出る予感がすると・・・

「彼氏からの連絡がない」

「私と会いたがらない」

「何だか私を避けているような気がする」

 

この様な様子が続くと、彼氏から別れ話を切り出されそうと予感してしまいます。

 

そうなると焦りや不安がどんどん強くなり、次の様な状態に陥ります。

 

  • 自身の視野が狭まる
  • 切羽詰まった姿ばかりを見せてしまう
  • 別れへの意識に常に囚われる

 

そして彼氏をつなぎとめようと焦って、連絡する回数を増やしたり、彼氏に問い正そうとします。

 

しかし、このことは別れの方向に向けて、よりアクセルを踏むことになります。

 

たとえば、彼に対し次の様なことを聞いてしまいがちです。

 

「私のことが嫌になった?」

 

「私のダメだと思うところがあったら言ってね」

 

と最初は冷静に優しく問いかけてみるのですが、彼氏の反応はありません。

 

そうすると女性は最終的な賭けに出ます。

 

「もう私たちダメなのかな?」

 

「別れたいなら、別れたいとハッキリ言ってよ」

 

この様に別れを自分から切り出し、彼の引き留めを期待するのです。

 

しかし、その賭けは失敗し、多くの男性は別れを選択するのです。

 

 

別れ話を回避させる

彼氏が別れ話を切り出しそうな雰囲気があるとき、それを回避できる可能性が少しでもあるとしたら、それは次の対応を取ることです。

 

「黙って見守ること」です。

 

別れ話が出そうなとき、当然ながら彼氏は彼女に対して、気持ちが冷めかけています。

 

それに加えて、仕事が忙しかったり、何らかのトラブルを抱えたりして、心身ともに余裕がないことが多いのです。

 

その状況化で、彼氏に構ってほしいが為、何かについて言い寄ることは、彼氏にとっては大きなストレスでしかありませんよ。

 

また、純粋に彼氏の力になりたいという思いで接触したとしても、同様です。

 

彼氏が彼女に冷めかけている&心身ともに余裕がない状況では、何を言っても通じないのです。

 

結局、彼氏は、自分で考えて、その状況を脱したいのです。

 

その状況を脱することができれば、冷めかけた彼女への気持ちも多少は回復しています。

 

ですから、黙って見守ることで、本来なら別れ話となるところを回避できる可能性が出てきますよ。

 

 

 

それでも別れ話を切り出されたのなら

たとえ、黙って彼氏を見守っていても、多くは別れ話を切り出されます。

 

その際、どうすべきかについてお伝えしますね。

 

彼氏から別れ話を切り出された際、ありがちな対応なのが次の様な言動をすることです。

 

「私そんなの嫌だよ!なんで別れないといけないの?」

 

「私がダメなところは全部直すから、考え直して」

 

などと泣いて別れを拒むことです。

 

 

別れを拒むことの弊害

別れを拒まれた彼氏は、次の様なマイナスの感情を持ちます。

 

「そんな気持ちをぶつけられても困る」

「結局自分中心的な考えしかできない」

「俺のことを分ろうともしない」

「やはり早かれ遅かれ別れは来ていた」

 

この様に、彼女との別れは間違っていなかったと、確信させるのです。

 

「彼氏を好きな気持ちは誰にも負けない!」

 

「だから、この真剣な気持ちを分ってもらうことで、別れ話を撤回させることができるはず!!」

 

この様な思いで、泣いて思いをぶつけるのでしょうが、この様な冷静さを失ったご都合主義的な行為は、全く彼氏には通用しません。

 

通用しないどころか、自分の主張や態度を曲げず、相手に別れをすがりつく姿は、恐怖にも思えてきます。

 

当然のことながら、その様な態度をとる彼女の印象がより悪化しますので、復縁にはマイナスとなってしまいます。

 

 

 

素直に受け入れよう

彼氏のことを諦めたくないのなら、やるべきことはひとつだけです。

 

彼氏に別れ話を切り出されたなら、素直に別れを受け入れることです。

 

耐えがたく、やりきれない思いで一杯でしょうが、現実と向き合うことです。

 

今の状態では、どう足掻いても彼氏の気持ちは変わりません。

 

足掻けば、足掻くほど、それに反発するように彼氏はそんな彼女を嫌います。

 

だからこそ、素直に別れを受け入れる他ありません。

 

そして、冷静になって相手との関係を見つめ直し、復縁に向けた正しい行動を取ることが必要です。

 

 

素直に別れを受け入れるとは

素直に別れを受け入れることについて、誤った解釈をする方がいます。

 

「素直=素っ気ない態度」ではありません。

 

たとえば、彼氏に別れ話を切り出された際「うん、いいよ」とだけ言って、相手の前から立ち去る。

 

こんな態度を見せつけられた彼氏は

 

「それだけ?随分と冷たい奴だな」

「結局そっちも別れたかったんだな」

 

この様な印象を持たれ、彼女に対し不快感を持ってしまう恐れがあるのです。

 

復縁のひとつのポイントとして、別れを切り出して相手を振ったことに対し、罪悪感を持ってもらうことです。

 

素っ気ない態度で別れを受け入れては、彼氏の罪悪感は随分と薄まってしまいます。

 

 

既に別れを拒んでしまっていた場合

この記事をご覧くださっている方の中には、別れ話を切り出された際、反発し別れを拒んでしまった方もいるでしょう。

 

済んだことに対しては今さらどうしようもありません。

 

気持ちを切り替えていきましょう。

 

これからの行動で十分にリカバリーすることは可能です。

 

大切なのはこれ以降は一切、相手に別れを考え直してもらおうと思わないこと。

 

繰り返しになりますが、今の状況では、どうやっても彼氏の気持ちが戻ることはありません。

 

冷静に復縁の為の行動を進めるほかないのです。

 

そのことを無視して、無理やり彼氏にアプローチしても、より一層嫌われるだけです。

 

その結果、強い拒絶感を持たせることになり、復縁の可能性が大きく閉ざされることになるのです。

 

 

 

別れを受入れ後に最初にやるべき事

続いて別れを受け入れた後の対応についてお伝えします。

 

最初にやるべきことは彼氏に「未練」を持ってもらうことです。

 

どうやって未練を持ってもらうかは、次の2つのことを行ってください。

 

ひとつはメールなどで彼氏に「謝罪」することです。

 

たとえば

 

「あなたが仕事に追われて大変だった時、私はあなたに構ってほしくて無理ばかり言って困らせていた」

 

「本来なら私が逆に支えなければならないのに、嫌な気分にさせてしまって本当にごめんなさい」

 

この様に伝えます。

 

たとえ、相手の別れたい理由が身勝手&一方的だとしても、そこは批判せず、自分が悪かったと伝えましょう

 

もうひとつは謝罪と同時に「感謝」の気持ちを伝えることです。

 

「私が落ち込んでいた時○○してくれたこと。本当に救われたよ」

 

「こんな私に今まで優しくしてくれて、本当にありがとうね」

 

この様な感じで、謝罪と感謝の気持ちを伝えます。

 

 

なぜ「謝罪」「感謝」が未練に繋がる?

謝罪や感謝が伝えることが、なぜ彼氏に未練を持たせる事が出来るのか?についてです。

 

彼氏は自分から一方的に別れることを、心苦しく思っているのが普通です。

 

別れを告げることで彼女を深く悲しませることも、十分理解しています。

 

従って、多かれ少なかれ後ろめたさを感じていますし、批判されることも想定しています。

 

それなのに、彼女からの全く想定外の謝罪をされることで、次の様な思いを持ちます

 

「身勝手な別れ方をしたのに、そのことを責めるどころか、自分の方が悪かった、だなんて・・・」

 

加えて感謝の言葉も添えることで「感謝までしてくれるなんて、○○は本当に良い女性だったんだな・・・」

 

この様なギャップは彼の胸を打つものがあり、彼氏は別れを告げた彼女に対して未練を感じ始めるのです。

 

彼氏に未練を持ってもらうことはもちろん。

 

別れの最後の印象を良くすることは、復縁の確率を上げることに役立ちます。

 

なぜなら、最後の印象が良ければ、それがこの先も彼の中で続くからです。

 

 

 

別れた2週間後に伝える

謝罪や感謝を伝えることは、別れて間も経たないうちは避けましょう。

 

別れてから「2週間」経ったときが適切な頃です。

 

別れた直後は、彼氏もナーバスになっているので、謝罪・感謝メールを送っても無視される可能性があるからです。

 

特に喧嘩別れした場合は、別れた直後は拒否感や嫌悪感が絶頂に達している為に逆効果です。

 

なお、彼氏と別れから随分と期間が経っているのなら、謝罪や感謝を伝えることはやめた方がセーフティーです。

 

伝えても彼氏が「今になって何?自己満?」と思わせる恐れもあるからです。

 

 

謝罪・感謝メールの文面

謝罪・感謝メールは長文になることは避け、端的に書くようにしましょう。

 

長文を書くことで「別れた彼女は未だ俺に未練が一杯あるようだ・・・重いな・・・」のだと思わせてしまうからです。

 

謝罪でさえも、長文になることで「謝りたい」が「許してほしい」と捉えられる可能性も十分あります。

 

 

謝罪・感謝を伝えた後

謝罪・感謝を伝えた後は「冷却期間」を取るようにしましょう。

 

冷却期間は、端的に説明すると、彼氏との一切の連絡を絶つ期間をいいます。

 

冷却期間を置く理由は、彼氏が別れた彼女に持つ悪い印象を払拭させる為です。

 

基本的には3カ月とることになります。

 

この冷却期間を置くことが、復縁に向かっての本格始動のはじまりとなります。

 

なお、冷却期間の詳細や復縁のステップ等については「彼氏と復縁する為に冷却期間がなぜ必要か理由をお教えします」をご覧ください。

 

最後までご覧頂きありがとうございました!

 

Sakuraがお伝えしました。(私も復縁経験者です。復縁した経緯などのプロフィールはこちらから

 

 

 

関連記事


別れた元彼との復縁を目指すときの鉄板的な質問にズバリ回答。

 

私でも復縁できますか?って質問に確信的なお答えをします

 

 

 

どうやって、彼氏に“心底”嫌われた私が復縁を成功させ、その後プロポーズを受ける事が出来たのか

あなたは彼との復縁を目指している、または復縁を考えているが

 

  • 何をすればいいか分からない
  • 何をしてもうまくいかない
  • 彼に新しい彼女がいる為、彼に近づけない
  • 彼から連絡を拒否されている
  • 成功できるイメージを持てない

 

このような悩みをお持ちでなはいでしょうか?

 

私も彼氏との復縁に向けて行動するも、全てうまくいかず、復縁をあきらめかけていました。

 

しかし、ある復縁法を知ったきっかけで、大好きな彼氏と復縁することができました。

 

もし、あなたが彼氏との復縁に行き詰っているなら、私が行った復縁法や経験などは、きっとお役に立てると思います。

 

詳しくは下のボタンよりご覧ください。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
私Sakuraのプロフィール

初めまして
Sakuraです。

 

別れた彼氏に着信拒否宣言されるくらいに嫌われましたが、復縁をすることが出来ました。

 

「復縁したいけど私の場合は難しいかも・・・」と思っている方へ

 

とことん彼氏に嫌われた私でも復縁出来るですから、きちんと正しい情報の元に諦めずに行動をすれば十分可能性はありますよ。

 

復縁したいと思えるほどのお相手とは、人生でそう出会えることはありません。

 

そんなお相手と復縁出来たときは本当に幸せです。

 

この最高の幸せをあなたにも実感してほしいです。

 

私がどれだけ悲惨な状況から復縁することが出来たのか等、私のことをもっとを知りたい方は下記から読んでくださいね。

 

Sakuraのプロフィール

しょっぱすぎる!私が失恋時にやらかした大失態とは?
元彼と復縁を成功させたいなら必ず押さえるべき11記事
カテゴリー
最新記事
ブログ内検索