元彼 誕生日 メール

元彼との復縁を実現させる委員会

元彼との復縁を成功させる為に役立つ情報を発信

ホーム » メール(LINE) » 元彼に誕生日メールを送るその前に、必ず押さえておくべきポイント

元彼に誕生日メールを送るその前に、必ず押さえておくべきポイント


元彼と復縁したいあなたにとって、相手の誕生日は特別なものですよね。

 

でも、別れてしまったのに、わざわざ「おめでとう!」とメールやラインをすべきか?、または何もしない方がいいものか・・・

 

このように悩んでいる方は多いかと思います。

 

そこで、今回は「元彼の誕生日にメール」をテーマに取り上げたいと思います。

 

具体的には、元彼に誕生日メールを送るべきか?や、送るとなればどんな内容を書けばいいか・・・などなど

 

元彼に誕生日メールを送ろうと考えている方は、参考になると思いますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

元彼に誕生日メールを送ってもいい?

元彼の誕生日メールやラインを送ってもOKな人と、NGな人は分かれます。

 

元彼に誕生日メールなどを送る前に必ずチェックしてください。

 

 

誕生日メールを送ってもOKな人

まずは誕生日メールを送ってもOKな人です。

 

大前提として元彼に未練を感じさせない状態であることです。

 

そして、既に元彼とメールなどで、ある程度やりとりしていている方が対象となります。

 

このような方なら問題ないでしょう。

 

元彼とメールは数回程度という方も、後ほど取り上げる「送信するタイミング」を間違えなければ、送っても構いません。

 

 

誕生日メールを送るのがNGな人

次に送るのがNGな方です。

 

まずは「冷却期間」を終えていない方は、当然に送ってはいけません。

 

たとえ、それが元彼の誕生日メールであったとしてもです。

 

冷却期間の大きな目的の一つは、元彼の中にある、あなたの悪い印象や、嫌悪感を忘れてもらうことです。

 

※詳しくは「彼氏と復縁する為に冷却期間がなぜ必要か理由をお教えします」をご覧ください。

 

冷却期間を守ることと、元彼に誕生日メールを送ることの優先度は圧倒的に冷却期間を守る方です。

 

後で書きますが、誕生日メールはあくまできっかけ作りですので、復縁の原理原則を間違えないでくださいね。

 

 

冷却期間後でも次の様な場合はNG

次に冷却期間を終えていても、まだ元彼にメールを送ったことがない、もしくは2、3回程度の方も誕生日メールを送るのはNGです。

 

冷却期間は3カ月くらい空けるのが通常で、長い場合だと半年以上です。

 

それだけの間隔を空けているのに、1回目、または2回目ぐらいに送られてくるメールが「お誕生日おめでとう」との内容。

 

受け取った元彼は「ああ・・・まだ僕に気持ちがあるんだなぁ」と重く受け止められるので、良いイメージを持たれません。

 

 

 

元彼が誕生日メールを受け取る心理

女性ならアニバーサリーが大好きなので、元彼からの誕生日メールであっても、ひどい別れ方をしてなければ、嬉しいものです。

 

反対に男性は、自身の誕生日を、それほど特別な日だとは思っていません。

 

なかには、自分の誕生日を忘れているぐらい、気にならない人もいます。

 

ですので、男性は誕生日メールを貰っても、女性ほど嬉しいとは思いません。

 

ただし、あなたが冷却期間を置いたことで、元彼が未練をあなたに多少なりとも感じるようになっているのなら、相手は嬉しいでしょう。

 

ただし、誕生日メールで即復縁に繋がる可能性は稀です。

 

あくまで元彼との距離を縮めるきっかけにすぎませんが、誕生日メールを足がかりに復縁したカップルの例はあります。

 

 

元彼が未練を感じていないなら控えた方が無難

反対にあなたが冷却期間を置いても、未練をあなたに全く感じてなさそうな感じなら、重いとかウザイと思われ逆効果となるリスクがあります。

 

あなたが誕生日メールを送る前の何度かのやりとりで、相手があなたに未練を感じていなさそうと思うなら、控えた方が無難です。

 

それでも、どうしても送りたいのであれば、送るタイミングを調整しましょう。

 

詳しくは後で取り上げます。

 

 

 

元彼に送る誕生日メールの内容

元彼に送る誕生日メールの内容で、注意すべきことは次の3点です。

 

  • いきなり復縁を求めない
  • 長文にしない
  • 交際中の反省や、暗い内容にしない

 

それでは個別に見てみましょう

 

いきなり復縁を求めない

当然過ぎることですよね。

 

いきなり復縁を求めることは性急すぎますし、そもそもメールで伝えるべきことではありません。

 

繰り返しますが、あくまで誕生日メールは二人の距離を縮めるきっかけ作りにすぎません。

 

 

長文にしない

文字数はあなたの元彼に対して気持ちの大きさを表します。

 

長文だと、それだけ元彼に対しての気持ちが大きいということの表れですので、相手に「重い」と思われてしまいます。

 

ですので、2~3行程度の短文にしておきましょう。

 

 

交際中の反省や、暗い内容にしない

交際中の反省や、暗い内容を送られても、相手は困ります。

 

また「誕生日に焚きつけて、全然関係ないことを書いているよ」と思われます。

 

この様な内容のメールを貰っても、元彼はどう返信していいかも分かりません。

 

交際中の反省は元彼の誕生日には関係ないことですし、お祝いが目的のメールなので、明るい内容を送りましょう。

 

 

誕生日メールの文面例

元彼への誕生日メールの文面は、短文かつシンプルが基本です。

 

先ほどお伝えした通り、思いの丈をぶつけるような長文を送ると失敗しますので、絶対にやめましょう。

 

また、メール送信時のあなたと元彼の状況によっても、文面は変わってきます。

 

大きくは次の二つに分かれます。

 

 

二人の関係がデートする段階の文面例

「お誕生日おめでとう!!今日は久しぶりに晴れて、なんだか空も祝っているみたいだね(笑)。評判の焼き肉店のクーポンあるから、良ければお祝いするよ☆」

 

このように明るく、少し冗談も入れることで、受け取った相手は嬉しい&楽しい気分になります。

 

また、相手の好きな食べ物を御馳走すると伝えれば、既に二人でデートもしている仲なので、OKが出る可能性が高いです。

 

 

二人の関係がデート前の段階の文面例

「お誕生日おめでとう!○○君にとって良い1年となればいいね♪」

 

デート前の段階の状況であれば、あれこれと書くことで、相手に重いと思われ、警戒されるリスクがあります。

 

ですので、これぐらいシンプルな文面でいきましょう。

 

あなたの「おめでとう」の気持ちが相手に伝われば十分です。

 

 

 

誕生日メールを送るタイミング

効果的な誕生日メールを送るには、適切なタイミングがあります。

 

時間帯はもちろん、あなたの状況によっては、当日からずらして送る必要があります。

 

まずは、時間帯についてのタイミングを取り上げますね。

 

 

日付が変わる瞬間に送るのはNG

日付が変わる瞬間に送るということは、それだけ「この時を待っていました!!」という現れ。

 

あなたの未練タラタラ具合が分かるので、元彼は重いと感じ、引いてしまいます。

 

また深夜0時だと、相手も寝ている可能性がありますよ。

 

仕事で疲れて寝ているところを、あなたのメールの着信音で目が覚めさせてしまうのは、迷惑以外の何でもありません。

 

 

誕生日メールを送るベストな時間帯とは?

朝は用意や出勤に向かう為にバタバタしているので、送る時間帯としてはイマイチです。

 

日中も仕事中で打ち合わせや会議などで大忙しです。

 

これらの時間帯に送っても、ゆっくり見れないので、新聞に入っているチラシみたいに、すぐに捨てられる(消去される)可能性があります。

 

ということは、仕事が終わり、帰宅して、落ち着いた時間帯がベストとなります。

 

その時間帯は相手によって変わりますが、一般的には22時前後が一番適切ですよ。

 

 

あまり距離が縮まっていないが、どうしても送りたい!

冷却期間後の元彼とメールは数回程度という方(1~3回は送ること自体NG)。

 

元彼と何度かメールのやりとりをしたが、相手があなたに未練を感じていなさそうと思うが、それでも誕生日メールを送りたい方。

 

これらの方は、当日にメールを送ることはやめましょう。

 

あまり距離が縮まっていないのに、誕生日メールを当日に送ると、相手は「俺にまだ未練があるのでは?」と感じる可能性が高いからです。

 

そのリスクを避けるためにも、あえて相手の誕生日から2日~3日遅らすのです。

 

そうすることで、元彼に未練が伝わりにくくなります。

 

 

よりベターな方法

よりベターな方法として、相手にある用件が目的のメールに付け加えて、おめでとうの言葉を載せるのです。

 

たとえば、「A君にばったり会っただけど、A君携帯メモリ壊れて、○○(元彼)の番号分からないから連絡してほしいんだって」

 

「そういえば、この間誕生日だったよね?おめでとう!」

 

この様な感じだと、完全に忘れていたという悪い印象は与えないないし、誕生日を狙い撃ちした感も出ません。

 

自然な流れでおめでとうの気持ちが伝えられますよ。

 

 

 

誕生日メールに対する元彼の返信

誕生日メール送信後、元彼からの返信パターンとしては、次の3つです。

 

  • 長文、疑問系の内容
  • シンプルな内容
  • 返信なし

 

それでは個別に見ていきます。

 

 

「長文、疑問系」の返信がきた

良い感触です。

 

元彼は、あなたからの誕生日メールを嬉しく思っています。

 

そのメールに対してあなたは、相手から返信に要した時間と同じくらいの時間を空けて、同じテンション(文量)くらいのメールを送りましょう。

 

※詳しくは「復縁の為のメールやラインを送る頻度を間違えていませんか?」をご覧ください。

 

これを機にグーンと距離が縮まることが期待できます。

 

 

「シンプル」な返信がきた

シンプルな内容の返信とは「メールありがとうね」の様な短文なものです。

 

これに対して、あなたの返信は不要です。

 

送っても「ウザイ」と思われる恐れがあります。

 

この内容のメールは、相手の気持ちが盛り上がるまで、まだ時間を要する状態だと考えられます。

 

焦らずじっくりと、自分磨きになどに精を出し、また来るべき次のチャンスに備えましょう。

 

 

返信が来なかった

先ほどお伝えした「デート前の段階の状況」で送る誕生日メール例の様な内容なら、返信が来なくても気にしなくてもいいです。

 

もともと返信の必要性のあるメールではありません。

 

これも、「シンプルな返信が来た」ときの対処法と同様に、自分磨きに精を出して、また来るべき次のチャンスに備えましょう。

 

 

「元彼に誕生日メールを送るその前に、必ず押さえておくべきポイント」まとめ

 

今回は「元彼の誕生日メール」をテーマに取り上げました。

 

元彼に誕生日メールを送っていいかの判断基準や、どういう内容のメールを送るべきかなど、

 

元彼に誕生日メールのことで、悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

 

誕生日メールを送ったことで、二人の距離がグーンと縮まり、最終的に復縁に至った例は多くあります。

 

誕生日メールが送れる方は、チャンスなので積極的に送ってみてくださいね。

 

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。

 

Sakuraがお伝えしました。(私も復縁経験者です。復縁した経緯などのプロフィールはこちらから

 

 

 

関連記事


元彼から連絡が来るようになるには〇〇が大事過ぎるのです。

 

「元彼から連絡がこない」と悩んでいるならコレを読めば来ます

 

 

 

どうやって、彼氏に“心底”嫌われた私が復縁を成功させ、その後プロポーズを受ける事が出来たのか

あなたは彼との復縁を目指している、または復縁を考えているが

 

  • 何をすればいいか分からない
  • 何をしてもうまくいかない
  • 彼に新しい彼女がいる為、彼に近づけない
  • 彼から連絡を拒否されている
  • 成功できるイメージを持てない

 

このような悩みをお持ちでなはいでしょうか?

 

私も彼氏との復縁に向けて行動するも、全てうまくいかず、復縁をあきらめかけていました。

 

しかし、ある復縁法を知ったきっかけで、大好きな彼氏と復縁することができました。

 

もし、あなたが彼氏との復縁に行き詰っているなら、私が行った復縁法や経験などは、きっとお役に立てると思います。

 

詳しくは下のボタンよりご覧ください。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
私Sakuraのプロフィール

初めまして
Sakuraです。

 

別れた彼氏に着信拒否宣言されるくらいに嫌われましたが、復縁をすることが出来ました。

 

「復縁したいけど私の場合は難しいかも・・・」と思っている方へ

 

とことん彼氏に嫌われた私でも復縁出来るですから、きちんと正しい情報の元に諦めずに行動をすれば十分可能性はありますよ。

 

復縁したいと思えるほどのお相手とは、人生でそう出会えることはありません。

 

そんなお相手と復縁出来たときは本当に幸せです。

 

この最高の幸せをあなたにも実感してほしいです。

 

私がどれだけ悲惨な状況から復縁することが出来たのか等、私のことをもっとを知りたい方は下記から読んでくださいね。

 

Sakuraのプロフィール

しょっぱすぎる!私が失恋時にやらかした大失態とは?
元彼と復縁を成功させたいなら必ず押さえるべき11記事
カテゴリー
最新記事
ブログ内検索